なぜ「若手を育てる」のは今、こんなに難しいのか 〝ゆるい職場〟時代の人材育成の科学 古屋星斗 (著)

書籍「なぜ「若手を育てる」のは今、こんなに難しいのか 〝ゆるい職場〟時代の人材育成の科学」の概要と、示唆される若手育成のポイント

1. 書籍概要

本書は、株式会社リクルートキャリアのコンサルタントである古屋星斗氏によって書かれ、2023年11月に日経BPより出版されました。

近年、企業は若手社員の定着や育成に課題を抱えています。本書では、独自調査とヒアリングに基づき、その背景にある「Z世代」の価値観や、「ゆるい職場」と呼ばれる現代の職場環境を分析しています。

そして、若手社員を活躍させるための「キャリア安全性」の重要性を説き、マネージャーがすべき9つのポイントを紹介しています。

2. 若手育成が難しい理由

本書では、若手育成が難しい理由として、以下の3点が挙げられています。

  • Z世代の価値観の変化: Z世代は、ワークライフバランスや自己実現を重視する傾向があり、必ずしも従来型のキャリアパスを望んでいません。そのため、企業の画一的な育成プログラムでは、彼らの興味を引くことが難しい場合があります。
  • ゆるい職場環境: 近年の職場は、長時間労働や厳しい上下関係が緩和され、「ゆるい職場」と呼ばれるようになっています。これは、若手社員にとって働きやすい環境である一方、成長を実感しにくいという側面もあります。
  • 上司の育成スキル不足: 多くの管理職は、自分も若手時代に経験してきたように、OJTを中心とした育成方法を実践しています。しかし、Z世代の育成には、より個別化されたサポートや、心理的な安全性を確保した環境づくりが必要となります。

3. 若手育成のポイント

本書では、上記のような課題を踏まえ、若手社員を活躍させるための9つのポイントが紹介されています。

  • 個別に目標を設定し、フィードバックを行う: Z世代は、自分の成長を実感できることが重要です。そのため、上司は個別に目標を設定し、定期的にフィードバックを行うことが重要です。
  • 裁量権を与え、挑戦を促す: Z世代は、主体的に仕事に取り組みたいと考えています。そのため、上司は裁量権を与え、積極的に挑戦することを促しましょう。
  • 失敗を恐れず、チャレンジできる環境を作る: Z世代は、失敗を恐れることなくチャレンジすることが重要です。そのため、上司は失敗を許容する寛容な環境を作りましょう。
  • 多様な経験を積ませる: Z世代は、幅広い経験を積むことで成長したいと考えています。そのため、上司は様々なプロジェクトに携わる機会を与えましょう。
  • キャリアプランを一緒に考える: Z世代は、自分のキャリアについて積極的に考えたいと考えています。そのため、上司はキャリアプランについて一緒に考える機会を設けましょう。
  • 心理的安全性が高い環境を作る: Z世代は、安心して意見を言える心理的安全性の高い環境で働きたいと考えています。そのため、上司はハラスメントや差別のない職場環境作りに努めましょう。
  • ロールモデルとなる: Z世代は、尊敬できるロールモデルが必要です。そのため、上司は自身が模範となるような行動を心掛けましょう。
  • 学びの機会を提供する: Z世代は、常に学び続けたいと考えています。そのため、上司は研修やeラーニングなどの学びの機会を提供しましょう。
  • 良好な関係を築く: Z世代は、上司との良好な関係を築くことを重視しています。そのため、上司は積極的にコミュニケーションをとり、信頼関係を築きましょう。

4. まとめ

本書は、Z世代の価値観や現代の職場環境を踏まえ、若手育成の重要性と具体的な方法論について論じています。若手社員の定着や育成に課題を抱えている企業や、Z世代のマネジメントに悩む上司にとって、大変参考になる一冊と言えるでしょう。

なお、本書はあくまで一例であり、企業や個人の状況に合わせて、具体的な育成方法は検討する必要があります。

5. 書籍に関する詳細情報

  • 書籍名: なぜ「若手を育てる」のは今、こんなに難しいのか 〝ゆるい職場〟時代の人材育成の科学
  • 著者: 古屋星斗
  • 出版社: 日経BP
  • 出版日: 2023年11月25日
  • ISBN: 978-4-296-11503-7

6. 補足

本書は、2023年11月に出版された比較的新しい書籍です。そのため、最新のZ世代の価値観や職場環境を反映している点が特徴です。

また、多くの企業事例や具体的なノウハウが紹介されている