気づかいの壁――「気がつくだけの人」を「気が利く人」に変える、たった1つの考え方 川原 礼子 (著)

気づかいの壁――「気がつくだけの人」を「気が利く人」に変える、たった1つの考え方 川原 礼子 (著) 読書感想文

1. はじめに

本書は、「気がつくだけの人」から「気が利く人」へ変身するためのヒントが詰まった、元リクルートCS推進室教育リーダーによる実践的な指南書です。

2. 著者紹介

川原 礼子氏は、株式会社リクルートにて、20年以上にわたって顧客対応の教育研修に携わってきました。延べ2万人以上の指導経験から、「気が利く人」に必要な本質的な考え方を体系化し、本書にまとめられています。

3. 本書のポイント

本書のポイントは、以下の3つです。

  • **「気がつく」「気が利く」**の違いを明確にする
  • 「気が利く人」になるための思考の転換を促す
  • 具体的な行動指針を示す

4. 読書感想

本書を読んで、**「気がつく」「気が利く」**の違いが、想像以上に奥深いものであることに気づきました。**単に相手の様子を「気づく」だけではなく、その状況を「どう解釈するか」そして「どう行動するか」**によって、相手の印象は大きく変わってくるのです。

また、「気が利く人」になるためには、相手目線に立って考えることが重要であることが強調されています。相手の立場や気持ちを想像し、その状況で自分がされたら嬉しいことを考えることが、**「気が利く行動」**につながるのです。

本書には、具体的な行動指針も数多く紹介されています。例えば

  • 相手が困っている様子だったら、さりげなく声をかけてみる
  • 相手が忙しそうだったら、代わりに仕事を手伝ってみる
  • 相手が落ち込んでいる様子だったら、話を聞いて励ましてあげる

など、ちょっとした心遣い大きな差を生むのです。

5. 口コミ評価

本書は、Amazon楽天ブックスなどの主要なオンライン書店高評価を得ています。特に

  • 「実践的でわかりやすい」
  • 「すぐに試せるヒントがたくさんある」
  • 「読みやすい文章で、一気に読めた」

などの声が多く寄せられています。

6. まとめ

「気が利く人」になりたいすべての人に、ぜひ読んでいただきたい一冊です。本書を参考に、今日から気が利く行動を実践することで、周りの人から好印象を与えられるようになりましょう。

7. その他

本書の内容をより深く理解するために、以下の点を意識して読むと良いでしょう。

  • **自分自身の「気づかい」**を振り返ってみる
  • 具体的な場面を想定しながら読む
  • 実際に気が利く行動」**を実践してみる

8. 関連書籍

  • 「嫌われる勇気」(岸見一郎、古賀史健著)
  • 「GIVE and TAKE」(アダム・グラント著)
  • 「7つの習慣」(スティーブン・R・コーヴィー著)

9. 結論

「気づかいの壁」は、「気が利く人」になるためのヒントが満載の実践的な指南書です。本書を読んで今日から気が利く行動を実践することで、周りの人から好印象を与えられるようになりましょう。