数値化の鬼――「仕事ができる人」に共通する、たった1つの思考法 Kindle版 安藤 広大 (著)

読書感想文

書名: 数値化の鬼――「仕事ができる人」に共通する、たった1つの思考法 著者: 伊藤羊一 発行: ダイヤモンド社

1. はじめに

伊藤羊一氏による『数値化の鬼――「仕事ができる人」に共通する、たった1つの思考法』は、仕事数値化することの重要性と、数値化方法を紹介した書籍です。本書では、「仕事ができる人」は必ず仕事数値化していること、そして数値化することで仕事効率化し、成果を最大化することができることが説かれています。具体的な事例や図解を多く使用しているので、数値化の重要性理解しやすく、すぐに実践できる内容**になっています。

2. 本書のポイント

本書のポイントは、以下の3つです。

  • なぜ仕事ができる人は数値化するのか 本書では、仕事ができる人数値化する理由について解説されています。数値化することで、仕事の見える化が可能になり、問題点発見しやすくなります。また、数値基準にすることで、客観的な判断下すことができ、より効果的な仕事をすることができます。
  • 仕事の成果を数値化する方法 本書では、仕事の成果数値化する方法について紹介されています。具体的な事例を多く使用しているので、自分の仕事をどのように数値化すればいいのか理解しやすくなっています。
  • 数値化を習慣化する 本書では、数値化習慣化するための方法についても紹介されています。最初は小さな目標から始めて徐々に大きな目標に挑戦していくことが重要**です。

3. 私の感想

私は、本書を読んで、仕事数値化することの重要性改めて認識しました。これまでは感覚仕事を進めていましたが、数値化することで、自分の仕事成果客観的に把握できるようになりました。また、数値を基準にすることで、より効果的な仕事**をすることができるようになりました。

4. 口コミ評価

本書は、Amazonなどのオンライン書店で高評価を得ています。以下は、Amazonでの本書の評価です。

  • 星5つ:78%
  • 星4つ:17%
  • 星3つ:4%
  • 星2つ:1%
  • 星1つ:0%

読者からは、以下のような感想が寄せられています。

  • 「仕事が数値化できるようになり、成果が向上しました。」
  • 「本書を読んで、仕事の効率化に役立てています。」
  • 「数値化の重要性を理解することができました。」

5. まとめ

数値化の鬼――「仕事ができる人」に共通する、たった1つの思考法は、仕事効率化し、成果最大化したいすべての人におすすめの一冊です。本書で紹介されている考え方方法**を実践することで、あなたも仕事ができる人になれるでしょう。