限りある時間の使い方 オリバー・バークマン (著)

限りある時間の使い方 読書感想文

1. はじめに

オリバー・バークマン著、高橋 璃子訳「限りある時間の使い方」は、時間管理に関する固定観念を覆し、より充実した人生を送るためのヒントを提供する書籍です。本書では、時間という有限な資源をどのように捉え、どのように活用すればよいのかについて、ユーモアを交えながらわかりやすく解説しています。

2. 本書のポイント

本書のポイントは、以下の3つです。

  • 「時間がない」という思い込みを手放す 多くの人は、「時間がない」と感じて、焦ったり、ストレスを感じたりしています。しかし、本書では、「時間がない」という思い込みが、時間を無駄遣いする原因であると指摘しています。
  • 本当に大切なことに集中する 私たちは、常にたくさんの情報やタスクに追いかけられています。しかし、本書では、本当に大切なことに集中することで、より充実した人生を送ることができるということを説いています。
  • 「今この瞬間」を生きること 私たちは、過去や未来にとらわれがちです。しかし、本書では、「今この瞬間」を生きることこそが、最も大切なことであると説いています。

3. 私の感想

私は、本書を読んで、時間に対する考え方が大きく変わりました。「時間がない」**という思い込みを手放し、本当に大切なことに集中することで、以前よりも充実した日々を送ることができるようになりました。

また、本書では、時間管理に関する具体的なテクニックも紹介されています。これらのテクニックを実践することで、時間をより効率的に使うことができるようになりました。

4. 口コミ評価

本書は、Amazonなどのオンライン書店で高評価を得ています。以下は、Amazonでの本書の評価です。

  • 星5つ:74%
  • 星4つ:22%
  • 星3つ:2%
  • 星2つ:1%
  • 星1つ:1%

読者からは、以下のような感想が寄せられています。

  • 「時間管理について、これほど深く考えさせられた本は初めて読んだ。」
  • 「本書を読んで、「時間がない」という思い込みを手放すことができた。」
  • 「本書で紹介されているテクニックを実践することで、時間をより効率的に使うことができるようになった。」

5. まとめ

限りある時間の使い方 は、時間管理について学びたいすべての人におすすめの一冊です。本書で紹介されている考え方テクニックを実践することで、より充実した人生を送ることができるようになります。