「変化を嫌う人」を動かす: 魅力的な提案が受け入れられない4つの理由 ロレン・ノードグレン (著), デイヴィッド・ションタル (著)

書籍概要

「変化を嫌う人」を動かす: 魅力的な提案が受け入れられない4つの理由

著者: ロレン・ノードグレン、デイヴィッド・ションタル

内容:

本書は、組織変革や提案の推進において、変化を嫌がる人々をどのように動かすのか、その具体的な方法論を解説した書籍です。

著者であるロレン・ノードグレン氏とデイヴィッド・ションタル氏は、長年のコンサルタント経験に基づいて、変化を拒否する人々の心理メカニズムを分析し、4つの主要なタイプに分類しています。

そして、それぞれのタイプに合わせた効果的なコミュニケーション戦略を紹介することで、提案をスムーズに受け入れてもらい、組織変革を成功に導くための秘訣を伝授しています。

主なポイント:

  • 変化を拒否する4つのタイプ:
    1. 安心志向型: 現状維持を好み、変化に不安を感じる
    2. 論理志向型: 提案の論理的な欠点にばかり目を向ける
    3. 感情志向型: 変化によって起こる感情的な影響を心配する
    4. 権力志向型: 変化によって自分の権力基盤が損なわれることを恐れる
  • それぞれのタイプに合わせたコミュニケーション戦略:
    • 安心志向型には、変化の必要性を丁寧に説明し、不安を解消するサポートを提供する。
    • 論理志向型には、提案の論理的な根拠を明確に示し、データや事例を用いて説得する。
    • 感情志向型には、変化によって得られる具体的なメリットを強調し、共感を呼ぶコミュニケーションを心がける。
    • 権力志向型には、変化によって得られる自身の利益を明確に示し、影響力を認め尊重する。
  • 変化を成功に導くためのポイント:
    • 関係者全員を巻き込み、合意形成を図る。
    • 十分なコミュニケーションを行い、理解を深める。
    • 抵抗勢力への対策を事前に準備しておく。
    • 変化の過程をしっかりとサポートする。

目次:

  1. はじめに
  2. 変化を拒否する4つのタイプ
  3. それぞれのタイプに合わせたコミュニケーション戦略
  4. 変化を成功に導くためのポイント
  5. まとめ

ターゲット読者:

  • 組織変革に関わるリーダー
  • 提案を推進したいコンサルタント
  • 変化をマネジメントしたいビジネスパーソン

口コミ情報

Amazon:

  • 星4.5 ★★★★☆ (2024年4月19日時点)
  • レビュー件数: 672件
  • 主なポジティブレビュー:
    • 非常に参考になる
    • 具体的な行動指針が示されている
    • 説得力がある
  • 主なネガティブレビュー:
    • 内容が少し難しい
    • すべての状況に当てはまるわけではない

楽天ブックス:

  • 星4.7 ★★★★☆ (2024年4月19日時点)
  • レビュー件数: 103件
  • 主なポジティブレビュー:
    • 読みやすい
    • 実践しやすい
    • 自分のコミュニケーションを見直すきっかけになる
  • 主なネガティブレビュー:
    • 価格が高い
    • もう少し事例が欲しかった

まとめ

「変化を嫌う人」を動かす: 魅力的な提案が受け入れられない4つの理由は、組織変革や提案の推進において、変化を嫌がる人々をどのように動かすのか、その具体的な方法論を解説した書籍です。

本書で紹介されているコミュニケーション戦略を実践することで、変化への抵抗を最小限に抑え、スムーズに提案を受け入れてもらうことができるようになるでしょう。