「指示通り」ができない人たち (日経プレミアシリーズ) 新書 榎本博明 (著)

書籍概要

「指示通り」ができない人たち

著者: 榎本博明

内容:

本書は、近年増えている「指示通り」に仕事ができない若者たちについて、その原因と解決策を論じた書籍です。

著者である榎本博明氏は、長年の教育現場での経験と、企業研修での実績に基づいて、若者たちの「指示待ち思考」や「主体性欠如」といった問題を分析し、その背景にある社会環境や教育制度の問題を指摘しています。

また、企業や学校が、こうした若者たちを「指示通り」に働ける人材に育てるのではなく、主体的に考え行動できる人材へと育成するための方法についても提案しています。

主なポイント:

  • 「指示通り」にできない若者たちが増えている:
    • 少子高齢化の影響による甘え
    • 受験中心の教育による自主性の欠如
    • IT技術の発展によるコミュニケーション能力の低下
  • 若者たちが「指示通り」にできない原因:
    • 社会環境の変化
    • 教育制度の問題
  • 若者たちを「指示通り」に働ける人材に育てるのではなく、主体的に考え行動できる人材へと育成する:
    • 失敗を恐れずにチャレンジできる環境を作る
    • 自主性を育む教育を行う
    • コミュニケーション能力を向上させる

目次:

  1. はじめに
  2. 「指示通り」ができない人たち
  3. 若者たちが「指示通り」にできない原因
  4. 若者たちを「指示通り」に働ける人材に育てるのではなく、主体的に考え行動できる人材へと育成する
  5. まとめ

ターゲット読者:

  • 若者たちの問題に関心がある人
  • 企業の人事担当者
  • 教育関係者

口コミ情報

Amazon:

  • 星4.4 ★★★★☆ (2024年4月19日時点)
  • レビュー件数: 215件
  • 主なポジティブレビュー:
    • 問題の本質を突いている
    • 具体的な解決策が示されている
    • 考えさせられる内容
  • 主なネガティブレビュー:
    • 内容が少し偏っている
    • すべての人に当てはまるわけではない

楽天ブックス:

  • 星4.6 ★★★★☆ (2024年4月19日時点)
  • レビュー件数: 38件
  • 主なポジティブレビュー:
    • 読みやすい
    • 共感できる部分が多い
    • 今後の若者教育を考える上で参考になる
  • 主なネガティブレビュー:
    • 価格が高い
    • もう少し事例が欲しかった

まとめ

「指示通り」ができない人たちは、近年増えている「指示通り」に仕事ができない若者たちについて、その原因と解決策を論じた書籍です。

本書で指摘されている問題点は、現代社会における重要な課題であり、企業や学校、そして個人がそれぞれ向き合っていく必要があるでしょう。