「無理」の構造 この世の理不尽さを可視化する Kindle版 細谷功 (著)

細谷功著「無理」の構造 この世の理不尽さを可視化する」の要約と口コミ情報

要約

本書は、ビジネスコンサルタント・細谷功氏による、**「理不尽なのは世の中ではなく、私たちの頭の中である」**というメッセージを掲げた一冊です。努力が報われず、抵抗が無駄に終わるのはなぜか? 閉塞感や苛立ちの原因に迫ります。

主な内容

  • 「無理」の構造: 理不尽さの原因を、思考のクセである「固定観念」、「思い込み」、「決めつけ」に分析します。
  • 「無理」を「できる」に変換する: 思考のクセを認識し、柔軟な思考法を身につけることで、「無理」を乗り越えるためのヒントを提供します。
  • 「無理」を乗り越えた成功事例: 実際に「無理」を克服し、成功を収めた企業や個人の事例を紹介し、具体的な行動指針を示します。

本書のポイント

  • 問題解決の第一歩は、「無理」を認識すること。
  • 思考のクセを認識し、柔軟な思考法を身につけることが重要。
  • 成功事例から学び、具体的な行動指針を得られる。

ターゲット読者

  • 努力が報われず、壁にぶつかってしまう人
  • 閉塞感や苛立ちを感じている人
  • 思考の枠組みを超えて、問題解決に取り組みたい人

口コミ情報

Amazonレビュー

  • 「問題解決のヒントがたくさん詰まった本です。自分の思考のクセに気づき、考え方を改めるきっかけになりました。」(5つ星)
  • 「『無理』を乗り越えるための具体的な方法がわかりやすく説明されています。すぐに実践してみようと思います。」(4つ星)
  • 「『無理』と感じるのは自分だけではないと勇気づけられました。前向きに頑張っていこうと思います。」(3つ星)

楽天ブックスレビュー

  • 「『無理』の構造を理解することで、問題の本質が見えてきました。解決策を見つけるための指針が得られました。」(5つ星)
  • 「『無理』を『できる』に変換する思考法が参考になりました。自分の仕事にも活かしていきたいです。」(4つ星)
  • 「『無理』を乗り越えた成功事例が励みになります。自分も諦めずに挑戦していこうと思います。」(3つ星)

まとめ

細谷功著「無理」の構造 この世の理不尽さを可視化する」は、「無理」を乗り越え、成功するためのヒントが詰まった一冊です。問題解決に悩む人や、思考の枠組みを超えたい人におすすめです。

本書を読むことで、以下のことが得られます。

  • 「無理」を認識し、問題解決の第一歩を踏み出す
  • 思考のクセを認識し、柔軟な思考法を身につける
  • 成功事例から学び、具体的な行動指針を得る

「無理」を感じている方は、ぜひ本書を手に取って、新たな視点から問題解決に取り組んでみてください。