迷路の外には何がある? ――『チーズはどこへ消えた?』その後の物語 チーズはどこへ消えた? (扶桑社BOOKS) Kindle版 スペンサー・ジョンソン (著)

書籍紹介:迷路の外には何がある? ――『チーズはどこへ消えた?』その後の物語

著者: スペンサー・ジョンソン

出版日: 2019年2月1日

ジャンル: ビジネス、自己啓発

詳細

本書は、ベストセラー『チーズはどこへ消えた?』の15年後を描いた続編です。

前作では、ヘムとホーという2人の小人が、迷路の中でチーズを探しながら生きる物語が描かれていました。

本書では、ヘムとホーがチーズを見つけた後に起こった出来事が描かれています。

ヘムとホーは、チーズを見つけた後、新しい迷路に迷い込んでしまいます。

新しい迷路は、以前の迷路よりも複雑で、危険もいっぱいでした。

ヘムとホーは、新しい迷路を脱出し、新しいチーズを見つけることができるのでしょうか?

本書の内容

本書は、以下の5つの章から構成されています。

1. はじめに

2. 迷路の外

3. 再び迷路へ

4. 恐怖と不安

5. 信頼と勇気

6. 新しいチーズ

7. 終わりに

本書の特徴

本書の特徴は以下の通りです。

  • シンプルな寓話
  • 深いメッセージ
  • 読みやすい文章

本書がおすすめの方

本書は、以下のような方におすすめです。

  • 前作『チーズはどこへ消えた?』を読んだ方
  • 変化の激しい時代に生き抜くヒントを探している方
  • 自分自身の人生を見つめ直したい方

この書籍を読んで、新しいチーズを見つけるための勇気をもら いましょう。