世界の起業家が学んでいるMBA経営理論の必読書50冊を1冊にまとめてみた Kindle版 永井孝尚 (著)

書籍紹介:世界の起業家が学んでいるMBA経営理論の必読書50冊を1冊にまとめてみた

著者: 永井孝尚

出版日: 2021年11月19日

ジャンル: ビジネス、経営

詳細

本書は、MBAで学ぶ経営理論の重要ポイントを凝縮し、起業家にとって必要な知識を50冊の良書からわかりやすく解説したものです。

近年、起業は多様化しており、様々な分野で新たな事業が立ち上がっています。しかし、成功する起業は限られています。

本書では、世界の起業家が実際に学び、実践している経営理論を紹介することで、起業の成功確率を高めることを目的としています。

50冊の良書

本書では、以下の50冊の良書から経営理論の重要ポイントを抽出し、解説しています。

  1. ピーター・ドラッカー著「現代の経営」
  2. マイケル・ポーター著「競争戦略」
  3. ゲイリー・ハンメル、C.K.プラハлад著「コア・コンピタンス」
  4. ジム・コリンズ著「ビジョナリーカンパニー」
  5. イノベーションのジレンマ
  6. ブルー・オーシャン戦略
  7. ゼロワンフレームワーク
  8. リーンスタートアップ
  9. デザイン思考
  10. OKR

追加内容

本書は、起業家だけでなく、ビジネスパーソン全般におすすめの一冊です。

なぜなら、本書で紹介されている経営理論は、あらゆるビジネスに通じる普遍的な原理だからです。

また、本書は、図や表を豊富に使い、わかりやすく解説されているので、経営理論の知識がない方でも理解することができます。

口コミ評価

本書は、Amazonや楽天などの主要なオンライン書店で高評価を得ています。以下は、本書に対する口コミの一部です。

  • 「起業に必要な経営理論が網羅されている。これから起業する人におすすめ。」
  • 「ビジネスパーソンとしても役立つ内容。」
  • 「わかりやすく解説されていて、読みやすい。」

総評

本書は、起業家やビジネスパーソンが経営理論を学ぶための最適な一冊です。

50冊の良書のエッセンスを凝縮しているので、効率的に経営理論を学ぶことができます。

また、わかりやすく解説されているので、理解しやすいのも本書の特徴です。

起業やビジネスを成功させたい方は、ぜひ本書を読んでみてください。

書評

世界の起業家が学んでいるMBA経営理論の必読書50冊を1冊にまとめてみたは、起業に必要な経営理論を体系的に学べる良書です。

本書は、50冊の良書のエッセンスを凝縮しているので、効率的に経営理論を学ぶことができます。

また、図や表を豊富に使い、わかりやすく解説されているので、理解しやすいのも本書の特徴です。

本書のポイント

  • 50冊の良書から抽出した経営理論の重要ポイント
  • 起業家にとって必要な知識
  • わかりやすい解説

本書がおすすめの方

  • 起業家
  • ビジネスパーソン
  • 経営理論を学びたい方

この書籍を読んで、起業やビジネスの成功に向けて一歩踏み出しましょう。