自分のアタマで考えよう――知識にだまされない思考の技術 Kindle版 ちきりん (著)

書籍紹介:自分のアタマで考えよう――知識にだまされない思考の技術

著者: ちきりん

出版日: 2011年10月27日

ジャンル: ビジネス、自己啓発

詳細

本書は、人気ブログ「Chikirinの日記」の著者が、「知っていること」と「考えること」の違いを解説し、自分で考え、判断する力を身につけるための9つの思考法を紹介するものです。

近年、情報化社会が進むにつれて、私たちは膨大な量の情報を簡単に手に入れることができるようになりました。しかし、その一方で、情報に振り回され、自分で考えることを放棄してしまう人も増えています。

本書では、このような状況の中で、いかに自分の頭で考え、判断していくべきかについて、具体的な方法論を紹介しています。

9つの思考法

本書で紹介されている9つの思考法は以下の通りです。

  1. 最初に決めるプロセスを決める
  2. 縦と横で比較する
  3. 判断基準はシンプルは一番!
  4. 「普通」という言葉に惑わされない
  5. 自分の経験や直感を信じる
  6. 思い込みや固定観念にとらわれない
  7. 多様な意見を積極的に聞く
  8. 議論を恐れず、自分の意見を主張する
  9. 完璧主義を捨てる

追加内容

本書は、ビジネスパーソンだけでなく、学生や主婦など、すべての人にとって役立つ一冊です。

なぜなら、本書で紹介されている思考法は、仕事や勉強、日常生活など、あらゆる場面で役立てることができるからです。

また、本書は、ユーモアを交えた語り口で書かれており、楽しく読むことができます。

口コミ評価

本書は、Amazonや楽天などの主要なオンライン書店で高評価を得ています。以下は、本書に対する口コミの一部です。

  • 「思考の整理術が身についた。」
  • 「自分の頭で考えることの大切さを改めて認識できた。」
  • 「仕事や勉強に役立つヒントがたくさん詰まっている。」

総評

本書は、自分で考え、判断する力を身につけるためのヒントが満載の一冊です。

情報化社会を生き抜くためには、「知っていること」と「考えること」の違いを理解し、自分で考え、判断する力を身につけることが重要です。

本書を読んで、自分の頭で考え、行動できる人になりましょう。

書評

自分のアタマで考えよう――知識にだまされない思考の技術は、自分で考え、判断する力を身につけるための実践的な指南書です。

本書では、「知っていること」と「考えること」の違いをわかりやすく解説し、9つの思考法を紹介しています。

また、日常生活における具体的な事例を交えながら説明しているので、すぐに実践することができます。

本書のポイント

  • 自分で考え、判断する力の重要性
  • 9つの思考法
  • 日常生活における具体的な事例

本書がおすすめの方

  • 自分で考え、判断する力を身につけたい方
  • 情報に振り回されず、自分の意見を言えるようになりたい方
  • より良い人生を送りたい方

この書籍を読んで、自分の頭で考え、行動できる人になりましょう。