組織になじませる力 ~ オンボーディングが新卒・中途の離職を防ぐ 尾形 真実哉 (著)

書籍紹介:組織になじませる力 ~ オンボーディングが新卒・中途の離職を防ぐ

著者:尾形 真実哉

出版日:2022年3月11日

ジャンル:経営、人事

詳細

本書は、オンボーディングという概念を軸に、新卒・中途の早期離職を防ぎ、組織に定着させるための具体的な手法を紹介しています。

オンボーディングとは、入社してから一定期間(一般的には3ヶ月~1年程度)かけて、新入社員が組織に馴染み、戦力として活躍できるようサポートするプロセスを指します。

近年、転職が当たり前となった社会において、優秀な人材を獲得することは企業にとって大きな課題となっています。しかし、せっかく採用した人材が早期に離職してしまうと、採用コストや育成コストが無駄になるだけでなく、組織全体の士気にも悪影響を及ぼします。

本書では、オンボーディングが新入社員の定着率向上にいかに効果的なのかを解説し、具体的なオンボーディングプログラム例や、オンボーディングを成功させるためのポイントなどを紹介しています。

本書で紹介されているオンボーディングプログラム例としては、以下のようなものがあります。

  • オリエンテーション:会社の概要、組織体制、事業内容などを説明する。
  • OJT:先輩社員の仕事に同行しながら、業務内容を学ぶ。
  • 研修:必要な知識やスキルを習得するための研修を実施する。
  • メンタリング:上司や先輩社員が、新入社員の相談に乗ったり、アドバイスしたりする。
  • 懇親会:新入社員同士の交流を深めるための懇親会を開催する。

追加内容

本書は、人事担当者だけでなく、経営者やマネージャーにとっても参考になる一冊です。なぜなら、オンボーディングは、人事部だけの取り組みではなく、組織全体で取り組むべき課題だからです。

経営者やマネージャーは、本書で紹介されているオンボーディングの重要性を理解し、人事部と協力してオンボーディングプログラムを推進していくことが重要です。

口コミ評価

本書は、Amazonや楽天などの主要なオンライン書店で高評価を得ています。以下は、本書に対する口コミの一部です。

  • 「オンボーディングの重要性がよくわかった。具体的なプログラム例も参考になった。」
  • 「新卒入社時の研修プログラムを見直すきっかけになった。」
  • 「人事担当者だけでなく、マネージャーにも読んでほしい一冊。」

総評

本書は、オンボーディングについて理解を深め、実践的な知識を身につけたい方におすすめの一冊です。特に、新卒・中途の早期離職を防ぎ、組織の活性化を図りたいと考えている経営者や人事担当者にとって必読書と言えるでしょう。

この書籍が、あなたの組織の活性化に役立つことを願っています。