経営者・従業員・株主がみなで豊かになる 三位一体の経営 Kindle版 中神 康議 (著)

**「三位一体の経営」**は、経営者、従業員、株主の三者が一体となって、持続的な成長を実現する経営手法について解説した書籍です。

著者である中神康議氏は、経営コンサルタントとして30年以上の経験を持ち、これまで多くの企業の経営改革を支援してきた人物です。

本書では、従来の「利益至上主義」とは異なる、**「三者一体の経営」**の重要性を説いています。

**「三者一体の経営」**とは、経営者、従業員、株主のそれぞれの立場を尊重し、互いに協力し合うことで、企業全体のパフォーマンスを向上させる経営手法です。

本書では、以下のことがわかります。

  • 「三位一体の経営」の必要性
  • 「三位一体の経営」を実現するための具体的な方法
  • 「三位一体の経営」を成功させた企業の事例

経営者、従業員、株主のいずれの立場の方にとっても、示唆に富んだ内容となっています。

以下、この本のポイントをいくつかご紹介します。

  • **「三位一体の経営」を実現するには、経営者、従業員、株主の三者が互いを尊重し、信頼関係を築くことが重要である
  • 「三位一体の経営」を実現するための具体的な方法として、「経営理念の共有」「従業員への権限委譲」「情報公開」**などが挙げられる。
  • **「三位一体の経営」を成功させた企業の事例として、トヨタ自動車、ソニー、任天堂などが挙げられる。

本書は、経営者、人事担当者、経営コンサルタントなど、経営に関わるすべての方に読んでいただきたい一冊です。

**「三位一体の経営」**について、もっと詳しく知りたい方や、企業の持続的な成長を実現したい方は、ぜひこの本を読んでみてください。

以下、「三位一体の経営」に関する情報をいくつかご紹介します。

  • 著者: 中神 康議
  • 出版社: 経営書出版
  • 発売日: 2021年1月25日
  • 価格: 1,980円(Kindle版)

以上、「三位一体の経営」についてご紹介しました。