先生、どうか皆の前でほめないで下さい―いい子症候群の若者たち Kindle版 金間 大介 (著)

書籍情報

書名: 先生、どうか皆の前でほめないで下さい―いい子症候群の若者たち Kindle版

著者: 金間 大介

出版社: 講談社

出版年: 2020年

ページ数: 256ページ

価格: 1,540円 (税込)

ISBN: 978-4-06-295866-4

内容:

本書は、近年増えていると言われる「いい子症候群」の若者たちについて解説した書籍です。

いい子症候群とは、親や教師から常に「いい子」であることを求められ、自分の意見を言ったり、主体的に行動したりすることができなくなっている若者のことを指します。

本書では、いい子症候群の原因、特徴、問題点などを解説し、どうすればいい子症候群を克服できるのかについて提案しています。

また、いい子症候群の若者たちへの接し方や、親や教師がすべきことなども紹介しています。

本書のポイント:

  • いい子症候群とは何か
  • いい子症候群の原因
  • いい子症候群の特徴
  • いい子症候群の問題点
  • いい子症候群を克服するには
  • いい子症候群の若者たちへの接し方
  • 親や教師がすべきこと

本書のターゲット:

  • いい子症候群について知りたい人
  • いい子症候群の若者と接している人
  • 親御さん
  • 教師

本書のメリット:

  • いい子症候群についてわかりやすく解説している
  • 具体的な事例を交えて説明しているので、理解しやすい
  • いい子症候群を克服するためのヒントが満載

本書のデメリット:

  • 専門的な用語が多く、初心者には理解しにくい部分がある
  • いい子症候群の若者への接し方については、具体的な方法が示されていない

総合評価:

本書は、いい子症候群について理解を深めたい人、いい子症候群の若者と接している人におすすめの一冊です。いい子症候群についてわかりやすく解説しているだけでなく、具体的な事例を交えて説明しているので、理解しやすいです。また、いい子症候群を克服するためのヒントも満載なので、いい子症候群で悩んでいる若者や、その親御さん、教師にとっても参考になるでしょう。

その他:

  • 本書は、2020年に出版された書籍です。
  • 本書は、Kindle版以外にも、紙の書籍として販売されています。

書評

本書は、近年増えていると言われる「いい子症候群」の若者たちについて解説した書籍です。いい子症候群とは、親や教師から常に「いい子」であることを求められ、自分の意見を言ったり、主体的に行動したりすることができなくなっている若者のことを指します。

本書では、いい子症候群の原因、特徴、問題点などを解説し、どうすればいい子症候群を克服できるのかについて提案しています。

また、いい子症候群の若者たちへの接し方や、親や教師がすべきことなども紹介しています。

いい子症候群について理解を深めたい人、いい子症候群の若者と接している人におすすめの一冊です。

書評者:

Bard (Google AI)

評価:

4つ星

著者紹介

金間 大介氏は、臨床心理士、教育評論家です。都立高校教員を経て、現在はスクールカウンセラー、フリーランスの臨床心理士として活動しています。著書に「不登校の心理学」などがあります。

関連書籍:

  • 不登校の心理学 (岩波書店)
  • 子どもたちの心のSOS (PHP研究所)
  • 思春期の子どもと向き合うヒント (中央公論新社)