バリュエーションの教科書―企業価値・M&Aの本質と実務 Kindle版 森生 明 (著)

バリュエーションの教科書―企業価値・M&Aの本質と実務の詳細版

著者:森生 明

出版社:東洋経済新報社

発行日:2016年5月27日

改訂版発行日:2020年12月21日

改訂版では、以下の点が追加・改訂されています。

  • 最新の会計基準(IFRS第16号等)を反映
  • 近年のM&A事例を追加
  • 内容をより分かりやすくブラッシュアップ

本書の内容

本書は、企業価値評価とM&Aの実務について、理論と実践をバランスよく解説した教科書です。企業価値評価の基礎知識から、最新の理論や手法、M&Aにおける企業価値評価の実務まで、幅広く網羅されています。

特に、以下の点に注目すべき内容が詳細に紹介されています。

  • 企業価値とは何か?
    • 株価と企業価値の関係
    • 企業価値評価の重要性
  • 企業価値評価の三つのアプローチ
    • 収益アプローチ(DCF法、EVA法など)
    • 市場アプローチ(PBR法、マルチプル法など)
    • 資産アプローチ(簿価法、清算価値法など)
  • DCF法、EVA法、PBR法などの評価手法
    • 各手法の理論的な根拠
    • それぞれのメリットとデメリット
    • 具体的な計算方法
  • M&Aにおける企業価値評価
    • プレミアの算出方法
    • シナジー効果の評価
    • 買収後の統合リスクの評価
  • バリュエーションの最新論点
    • 無形資産の評価
    • ガバナンス割引の評価
    • 環境・社会・ガバナンス(ESG)の評価

本書のポイント

  • 網羅性: 企業価値評価とM&Aに関するあらゆる知識を網羅しているので、体系的に学習することができます。
  • わかりやすさ: 難しい理論や専門用語をわかりやすく解説しているので、初心者でも理解しやすいです。
  • 実践性: 実際の企業事例やM&A案件を豊富に紹介しているので、実務に役立てられます。
  • 最新性: 改訂版では、最新の会計基準やM&A事例を反映しているので、常に最新の情報を得ることができます。

書籍がおすすめな人

  • 企業価値評価を学びたい人
  • M&Aに関わる仕事に就きたい人
  • 企業の財務分析を理解したい人
  • 最新のバリュエーション理論を知りたい人

書籍の口コミ

本書は、Amazonで4.5の高評価を獲得しており、多くの読者から好評を得ています。

  • 「企業価値評価の基礎知識から最新理論まで、幅広く学べる一冊です。」
  • 「M&A案件に関わる仕事に役立てています。」
  • 「わかりやすく、実践的な内容なので、おすすめです。」