運動脳 Kindle版 アンデシュ・ハンセン (著)

書籍「運動脳」 読書感想文と口コミ評価

1. 書籍概要

本書は、運動と脳の関係について科学的に解説したものです。著者であるアンデシュ・ハンセンさんは、神経科学者であり、運動が脳の構造と機能をどのように変化させるかについて研究しています。

本書では、運動が脳に与える様々な効果が紹介されています。具体的には、記憶力集中力創造性学習能力気分睡眠老化など、幅広い機能が向上することがわかっています。

また、本書では、運動の効果的な取り入れ方についても解説されています。運動の種類運動時間運動強度など、自分に合った運動方法を見つけることが重要です。

2. 著者紹介

アンデシュ・ハンセンさんは、デンマークの神経科学者です。コペンハーゲン大学で博士号を取得し、現在はアメリカジョンズ・ホプキンス大学で教授を務めています。

ハンセンさんは、運動と脳の関係について長年にわたって研究しており、運動が脳の構造と機能をどのように変化させるかについて多くの論文を発表しています。

3. 本書のポイント

  • 運動が脳に与える様々な効果を科学的に解説
  • 記憶力集中力創造性学習能力気分睡眠老化など、幅広い機能が向上することがわかっている
  • 運動の効果的な取り入れ方を解説
  • 運動の種類運動時間運動強度など、自分に合った運動方法を見つけることが重要

4. 読書感想文

私は、本書を読んで、運動が脳に与える効果の大きさに驚きました。これまで、私は運動は健康のためだけだと思っていましたが、本書を読んで、運動は脳のパフォーマンスを向上させるためにも重要であることを学びました。

また、本書では、運動の効果的な取り入れ方についても学ぶことができました。私は、本書で学んだことを活かして、毎日30分程度の運動を続けるようにしています。

本書は、運動習慣がない方運動の効果を最大限に発揮したい方におすすめの一冊です。

5. 口コミ評価

本書は、Amazonで4.5 out of 5 starsの高評価を獲得しています。読者からは、以下のような声が寄せられています。

  • 「運動が脳に与える効果がわかりやすく解説されている。」
  • 「運動の効果的な取り入れ方が参考になった。」
  • 「本書を読んで、運動を始めたくなった。」

6. まとめ

「運動脳」は、運動と脳の関係について知りたい方、運動の効果的な取り入れ方を知りたい方におすすめの一冊です。本書を読んで、運動を習慣化することで、脳のパフォーマンスを向上させ、より充実した人生を送ることができるでしょう。

以下は、本書で紹介されている、運動の効果的な取り入れ方のポイントです。

  • 毎日30分程度の運動を続ける
  • 有酸素運動と筋トレを組み合わせる
  • 自分に合った運動方法を見つける
  • 楽しみながら運動する

これらのポイントを意識することで、あなたも運動の効果を最大限に発揮することができます。