テッペン、獲ろうか。 中卒40歳・年商14億円経営者の失敗から学んだ「成り上がり論」 小澤 辰矢 (著)

書籍「テッペン、獲ろうか。 中卒40歳・年商14億円経営者の失敗から学んだ「成り上がり論」」 読書感想文と口コミ評価

1. 著者紹介

小澤辰矢さんは、ガソリンスタンド、ホスト、闇金、建設業など様々な職種を経験した後、24歳で独立起業。現在は年商14億円の「小澤総業」グループを率いる、生コンクリート業界のトップランナーです。本書は、小澤さんの波乱万丈な人生経験と、成功哲学をまとめた自伝です。

2. 本書の概要

本書は、**「人生は、誰でも逆転できる」というメッセージが込められています。小澤さんは、学歴やコネも何もないところから、自らの力で成功を掴み取った人物です。本書では、小澤さんの成功の秘訣を、「情熱」「行動力」「継続力」**の3つのキーワードで語られています。

また、本書では、小澤さんが経験した失敗についても赤裸々に語られています。成功の裏には、必ず失敗がある。小澤さんは、失敗から学び、成長することの重要性を説いています。

3. 読書感想文

私は、本書を読んで、勇気と希望をもらいました。小澤さんの生き方は、まさに**「ドラマよりもドラマチック」です。どんな困難にも立ち向かう小澤さんの姿は、私に「自分も何かできるのではないか」**という自信を与えてくれました。

また、本書では、**「成功には近道はない」ということも教えてくれます。成功するためには、努力と時間が必要です。小澤さんは、「努力を続ければ、必ず報われる」**と信じています。

本書は、人生に迷っている方自分自身を成長させたい方におすすめの一冊です。

4. 口コミ評価

本書は、Amazonで4.5 out of 5 starsの高評価を獲得しています。読者からは、以下のような声が寄せられています。

  • 「**小澤さんの生き方に感銘を受けました。**自分も頑張ろうと思います。」
  • 「**成功の秘訣だけでなく、失敗から学ぶことの大切さも教えてくれます。」
  • 「**読みやすく、あっという間に読めました。」

5. まとめ

「テッペン、獲ろうか。 中卒40歳・年商14億円経営者の失敗から学んだ「成り上がり論」」は、人生に迷っている方自分自身を成長させたい方におすすめの一冊です。小澤さんの生き方から、勇気と希望をもらえること間違いなしです。

以下は、本書で紹介されている、成功の秘訣です。

  • 情熱を持つ
  • 行動を起こす
  • 継続する
  • 失敗から学ぶ

これらの秘訣を参考に、ぜひあなたも自分の人生を切り拓いてください。