良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門―保守しやすい 成長し続けるコードの書き方 仙塲 大也 (著)

良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門―保守しやすい 成長し続けるコードの書き方 Kindle版 読書感想文

はじめに

本書は、ソフトウェア開発における設計の重要性を説き、良いコードと悪いコードの具体的な例を交えながら、保守しやすく成長し続けるコードの書き方を解説した書籍です。

著者である仙塲大也氏は、株式会社メルカリにてエンジニアとして勤務する傍ら、フリーランスとして多くの開発プロジェクトに携わってきた経験豊富な開発者です。

本書の内容

本書は、大きく分けて5つの章で構成されています。

第1章 設計とは何か?

この章では、設計とは何か、そしてなぜ設計が必要なのかについて解説されています。

第2章 設計の初歩

この章では、設計の初歩的な考え方や手法について解説されています。具体的には、オブジェクト指向プログラミングの基礎知識、ドメイン駆動設計、リファクタリングなどについて紹介されています。

第3章 良いコードの書き方

この章では、良いコードの書き方について解説されています。具体的には、分かりやすい名前の付け方、適切な抽象度のモジュール化、テストコードの書き方などについて紹介されています。

第4章 悪いコードの例

この章では、悪いコードの例と、その問題点について解説されています。具体的には、冗長なコード、複雑なコード、テストしにくいコードなどについて紹介されています。

第5章 設計をどう学ぶか?

この章では、設計を学ぶための具体的な方法について解説されています。

本書の特徴

本書の特徴は以下の3点です。

  • 実践的な内容

実際の開発現場で役立つ、実践的な内容となっています。

  • わかりやすい解説

専門用語をできるだけ使わず、わかりやすい言葉で解説されています。

  • 豊富な例

良いコードと悪いコードの具体的な例を豊富に盛り込むことで、理解を深めやすくしています。

読書感想

本書は、ソフトウェア開発における設計の重要性を改めて認識させてくれる素晴らしい書籍です。特に、良いコードと悪いコードの具体的な例を交えながら解説されている点が非常に分かりやすく、自分のコードを振り返るきっかけにもなります。

また、本書は単に良いコードの書き方を紹介するだけでなく、設計を学ぶための具体的な方法についても解説されています。これから設計を学びたいという方にとって、非常に参考になる一冊と言えるでしょう。

本書は、以下のような方におすすめです。

  • ソフトウェア開発のスキルを向上させたい方
  • 保守しやすく成長し続けるコードを書きたい方
  • 設計を学びたい方

口コミ評価

本書は、Amazon Kindleストアで星4と高い評価を得ています。多くの読者が、本書の内容に共感し、コードの書き方が向上したと評価しています。

以下は、本書に関する具体的な口コミ評価です。

  • 「ソフトウェア開発における設計の重要性を改めて認識することができました。」
  • **良いコードと悪いコードの具体的な例が非常に分かりやすく、自分のコードを振り返るきっかけになりました。」
  • **設計を学ぶための具体的な方法が紹介されていて、これから設計を学びたい方にとって非常に参考になる一冊だと思います。」

まとめ

良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門―保守しやすい 成長し続けるコードの書き方 Kindle版は、ソフトウェア開発における設計の重要性を理解し、保守しやすく成長し続けるコードを書くためのスキルを身につけたい方におすすめの一冊です。本書を読んで、自分のコードを見直し、より良いコードを書くように心がけましょう。

その他

本書は、2022年9月に技術評論社から出版されました。

本書の詳細情報

  • 書籍名:良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門―保守しやすい 成長し続けるコードの書き方
  • 著者:仙塲 大也
  • 出版社:技術評論社
  • 発売日:2022年9月23日
  • ページ数:368ページ
  • 価格:3,300円 (Kindle版)

以上、良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門―保守しやすい 成長し続けるコードの書き方 Kindle版の読書感想文でした。