いかなる時代環境でも利益を出す仕組み 大山健太郎 (著)

いかなる時代環境でも利益を出す仕組み 読書感想文

はじめに

本書は、2024年4月に出版された、町工場を年商8100億円の大企業に成長させた大山健太郎会長の経営哲学を綴った書籍です。オイルショックやバブル崩壊、リーマンショックなど、幾多の困難を乗り越え、常に利益を出し続けてきた大山会長の経験とノウハウが余すことなく語られています。

本書の内容

本書は、大きく分けて5つの章で構成されています。

第1章 経営とは何か

この章では、経営の本質について、大山会長の視点から論じられています。

第2章 顧客満足の重要性

この章では、顧客満足の重要性と、顧客満足を実現するための具体的な方法について解説されています。

第3章 徹底したデータ分析

この章では、徹底したデータ分析に基づいて、戦略を策定し、実行していくことの重要性について解説されています。

第4章 人材育成

この章では、人材育成の重要性と、人材育成の具体的な方法について解説されています。

第5章 常に変化し続ける

この章では、常に変化し続けることの重要性と、変化に対応するための具体的な方法について解説されています。

本書の特徴

本書の特徴は以下の3点です。

  • 実践的な内容

大山会長の具体的な経験に基づいた、実践的な内容となっています。

  • わかりやすい文章

専門用語をできるだけ使わず、わかりやすい文章で書かれています。

  • 経営者にとってのヒントが満載

経営者にとって、非常に参考になるヒントが満載です。

読書感想

本書は、経営者にとって非常に示唆に富んだ内容となっています。特に、大山会長が常に顧客満足を第一に考え、徹底したデータ分析に基づいて戦略を策定し、実行してきたという点は、学ぶべき点が多いと感じました。

また、本書は、人材育成の重要性についても説かれています。人材こそが企業の最も重要な資産であるという考えは、私も強く共感しました。

本書は、以下のような方におすすめです。

  • 経営者
  • 経営に興味がある方
  • 仕事で成果を上げたい方

口コミ評価

本書は、まだ発売されたばかりなので、口コミ評価はまだありません。

まとめ

いかなる時代環境でも利益を出す仕組みは、経営者にとって必読の書と言えるでしょう。本書を読んで、大山会長の経営哲学を学び、自身の仕事に活かしていただければ幸いです。

その他

本書は、2024年4月に日経BPから出版されました。

本書の詳細情報

  • 書籍名:いかなる時代環境でも利益を出す仕組み
  • 著者:大山健太郎
  • 出版社:日経BP
  • 発売日:2024年4月2日
  • ページ数:224ページ
  • 価格:990円

以上、いかなる時代環境でも利益を出す仕組み 読書感想文でした。