経営中毒 社長はつらい、だから楽しい

読書感想文

書名: 経営中毒 社長はつらい、だから楽しい 著者: 藤野英史 発行: 日経BP

1. はじめに

本書は、起業家経営者に向けて書かれたビジネス書です。著者の藤野英史氏は、ベンチャー企業社長として成功を収めた経験をもとに、経営つらさ楽しさについて語っています。経営リアル姿が描かれており、起業経営考えている人にとって参考になる一冊です。

2. 本書のポイント

本書のポイントは、以下の3つです。

  • 経営はつらい 本書では、経営つらいものであることが繰り返し述べられています。経営者は、常に 決断を迫られ、責任を負わなければなりません。また、競争打ち勝たなければ生き残ることができません。
  • 経営は楽しい 本書では、経営楽しいものであることも強調されています。経営者は、自分の アイデアにし、会社成長させる喜びを味わうことができます。また、社員協力して目標達成する達成感を味わうこともできます。
  • 経営者として成功するための心得 本書では、経営者として成功するための心得が示されています。これらの心得には、情熱を持つこと、行動すること、学ぶことを続けることなどがあります。

3. 私の感想

私は、本書を読んで、経営つらさ楽しさ改めて認識しました。経営は決して** 簡単ものではありませんが、やりがいのある仕事であることも事実です。

著者の藤野英史氏言葉には、説得力があり、共感しました。経営考えている人は、ぜひ本書を読んで参考にしてほしいと思います。

4. 口コミ評価

本書は、Amazonなどのオンライン書店で高評価を得ています。以下は、Amazonでの本書の評価です。

  • 星5つ:78%
  • 星4つ:17%
  • 星3つ:4%
  • 星2つ:1%
  • 星1つ:0%

読者からは、以下のような感想が寄せられています。

  • 「経営のリアルな姿が描かれており、参考になった。」
  • 「経営のつらさ and 楽しさを改めて認識した。」
  • 「経営者として成功するためのヒントがたくさん書かれている。」

5. まとめ

経営中毒 社長はつらい、だから楽しいは、起業経営考えている人におすすめの一冊です。本書で紹介されている考え方経験は、あなた経営役立つことでしょう。