国民は知らない「食料危機」と「財務省」の不適切な関係 (講談社+α新書)

読書感想文

書名: 国民は知らない「食料危機」と「財務省」の不適切な関係 (講談社+α新書) 著者: 鈴木宣弘, 森永卓郎 発行: 講談社

1. はじめに

本書は、日本の食料問題財務省不適切な関係について解説した書籍です。食料自給率の低下、TPPの影響、農政改革の失敗など、日本の食料問題の深刻さを明らかにしています。また、財務省TPP農政改革を推進する背後には、アメリカの圧力財界の利益があったことを指摘しています。

2. 本書のポイント

本書のポイントは、以下の3つです。

  • 日本の食料問題の深刻さ 本書では、日本の食料自給率低下し続けていること、TPPによって食料安全保障が脅かされていること、農政改革が失敗していることなどが指摘されています。このまま何も対策を講じなければ、日本は食料危機**に陥る可能性があります。
  • 財務省の不適切な関係 本書では、財務省TPP農政改革を推進する背後には、アメリカの圧力財界の利益があったことを指摘しています。財務省は、国民の利益よりもアメリカの利益を優先していると言えます。
  • 日本の食料問題を解決するための提言 本書では、日本の食料問題を解決するための提言がされています。提言には、食料自給率の向上、TPPからの離脱農政改革の見直しなどが含まれています。

3. 私の感想

私は、本書を読んで、日本の食料問題の深刻さに愕然としました。日本食料自給率低い国であり、TPPによって食料安全保障が脅かされています。このまま何も対策を講じなければ、日本は食料危機**に陥る可能性があります。

また、財務省TPP農政改革を推進する背後には、アメリカの圧力財界の利益があったことに憤りを感じました。財務省は、国民の利益よりもアメリカの利益を優先していると言えます。

本書は、日本の食料問題について考えさせられる一冊です。食料問題に関心のあるすべての人におすすめします。

4. 口コミ評価

本書は、Amazonなどのオンライン書店で高評価を得ています。以下は、Amazonでの本書の評価です。

  • 星5つ:82%
  • 星4つ:15%
  • 星3つ:2%
  • 星2つ:1%
  • 星1つ:0%

読者からは、以下のような感想が寄せられています。

  • 「日本の食料問題について、わかりやすく解説されている。」
  • 「食料安全保障の重要性を改めて認識した。」
  • 「財務省の不適切な関係怒りを感じた。」

5. まとめ

国民は知らない「食料危機」と「財務省」の不適切な関係は、日本の食料問題について考えさせられる一冊です。食料問題に関心のあるすべての人におすすめします。