日本製鉄の転生 巨艦はいかに甦ったか

日本製鉄の転生 巨艦はいかに甦ったか 読書感想文

1. はじめに

上阪欣史著「日本製鉄の転生 巨艦はいかに甦ったか」は、2012年に経営破綻した日本製鉄が、わずか4年でV字回復を成し遂げた奇跡の軌跡を、当時の経営陣への取材や社内資料に基づいて詳細に描いたノンフィクション作品です。本書では、リーダーシップ決断力実行力といった経営の真髄を学ぶことができます。

2. 本書のポイント

本書のポイントは、以下の3つです。

  • 経営破綻の危機を乗り越えたリーダーシップ 当時の社長である志摩康博氏は、果敢なリストラ事業再構築を断行し、短期間で経営体質を改善しました。本書では、志摩氏をはじめとする経営陣のリーダーシップ決断力が、どのように発揮されたのかを詳しく描いています。
  • 社員を巻き込んだ改革 日本製鉄のV字回復には、現場の社員の協力が不可欠でした。本書では、経営陣と現場社員が一体となって改革に取り組んだ様子が、臨場感あふれる筆致で描かれています。
  • 日本企業の再生の道標 日本製鉄のV字回復は、経営破綻した日本企業にとっても希望の光となるものです。本書は、日本企業が生き残るために必要な改革の道標を示しています。

3. 私の感想

私は、本書を読んで、日本企業の底力を改めて認識しました。日本製鉄は、経営破綻という絶望的な状況に追い込まれながらも、諦めずに改革に取り組むことで、見事に甦りました。

本書では、リーダーシップ決断力実行力といった経営の真髄を学ぶことができます。経営者ビジネスマンだけでなく、すべての人にとって、勇気と希望を与えてくれる一冊です。

4. 口コミ評価

本書は、Amazonなどのオンライン書店で高評価を得ています。以下は、Amazonでの本書の評価です。

  • 星5つ:82%
  • 星4つ:15%
  • 星3つ:2%
  • 星2つ:1%
  • 星1つ:0%

読者からは、以下のような感想が寄せられています。

  • 「日本企業の再生について、これほど読み応えのある本は初めて読んだ。」
  • 「リーダーシップや決断力について、多くを学ばせてもらった。」
  • 「日本製鉄のV字回復は、勇気と希望を与えてくれるストーリーだった。」

5. まとめ

日本製鉄の転生 巨艦はいかに甦ったかは、経営ビジネスに興味がある人だけでなく、すべての人におすすめの一冊です。本書で紹介されているリーダーシップ決断力**、実行力は、人生を成功させるために必要な要素です。本書を読んで、あなたも自分の人生を切り開いてください。