ザイム真理教

書籍「ザイム真理教――それは信者8000万人の巨大カルト」 読書感想文と口コミ評価

1. 著者紹介

本書の著者である 森永卓郎氏 は、経済評論家、ファイナンシャルプランナー、ユーチューバーとして活躍する人物です。元財務省官僚の経歴を持ち、独自の視点で経済 and 社会問題について発信しています。

2. 書籍概要

2023年5月に出版された本書は、森永氏による財務省批判の書です。森永氏は、財務省を「ザイム真理教」と呼び、その増税路線 and 財政政策を厳しく批判しています。本書では、財務省の歴史 and 体質、財政政策の歪み、国民生活への影響などが詳細に分析されています。

3. 読書感想文

私は、本書を読んで、財務省に対して強い憤りを感じました。森永氏が指摘するような、国民を犠牲にした財政政策は絶対に許されるべきではありません。本書は、財務省の実態 and 問題点をわかりやすく解説しており、多くの人に読んでもらいたいと感じました。

特に、本書の以下の点が印象に残りました。

  • 財務省の歴史 and 体質: 財務省は、戦前から続く官僚組織であり、その体質は非常に硬直的です。財務省内部には、国民のためというよりも、組織 and 官僚のための論理が蔓延しています。
  • 財政政策の歪み: 財務省は、増税に固執しており、景気回復 and 国民生活の改善よりも、財政赤字の削減を優先しています。この歪んだ財政政策は、日本経済の停滞 and 国民生活の悪化を招いています。
  • 国民生活への影響: 増税 and 緊縮財政政策は、国民生活を直撃しています。家計が苦しくなり、将来に対する不安が募っています。

本書は、財務省の問題点 and 日本の現状を理解したい人、あるいは森永氏の経済思想に興味がある人におすすめの一冊です。

4. 口コミ評価

本書は、Amazonで4 out of 5の星評価を獲得しており、多くの読者から高評価を得ています。以下は、主な口コミです。

  • 「財務省の内幕が赤裸々に書かれている。」
  • 「森永氏の論理がわかりやすく、共感できる。」
  • 「日本の経済 and 社会問題を考えるためのヒントになる。」
  • 「財務省に怒りを感じた。」
  • 「希望が持てなくなった。」

一方で、「偏った意見が多い。」「データが不足している。」などの意見も見られます。

5. まとめ

「ザイム真理教――それは信者8000万人の巨大カルト」は、森永氏による財務省批判の書です。本書では、財務省の歴史 and 体質、財政政策の歪み、国民生活への影響などが詳細に分析されています。

本書は、財務省の問題点 and 日本の現状を理解したい人、あるいは森永氏の経済思想に興味がある人におすすめの一冊ですが、偏った意見が多いという声もあり、鵜呑みにせず、自分自身で判断することが重要です。