嫌われる勇気

1. 読書感想文

アドラー心理学に基づいた、人間関係と生き方のヒント

岸見一郎・古賀史健著「嫌われる勇気」は、2014年に出版されたロングセラー書籍です。本書は、アドラー心理学をわかりやすく解説した内容で、多くの人から支持されています。

本書で特に印象に残ったのは、以下の点です。

  • 「課題の分離」の考え方: 自分の課題と他人の課題を区別し、それぞれに責任を持つことの重要性。
  • 「共同体感覚」の重要性: 他者とのつながりの中で、自分自身を成長させることの重要性。
  • 「劣等感」と「優越感」の克服: 劣等感や優越感にとらわれず、ありのままの自分を受け入れることの重要性。

本書は、人間関係や生き方について悩む人々に、勇気と希望を与える内容となっています。

以下のような方におすすめです。

  • 人間関係に悩んでいる
  • 自分自身をもっと成長させたい
  • より充実した人生を送りたい

2. 口コミ評価

本書は、Amazonや楽天などの主要なオンライン書店で高い評価を得ています。以下、主な口コミをご紹介します。

高い評価

  • 「人生観が変わった。」
  • 「自分自身をもっと好きになれた。」
  • 「人間関係が改善した。」
  • 「勇気をもらえた。」
  • 「読みやすく、心に響く内容だった。」

具体的な評価

  • Amazon: 星4.7 ★★★★☆ (2024年4月7日現在)
  • 楽天ブックス: 星4.6 ★★★★☆ (2024年4月7日現在)

批判的な意見

一方、以下のような批判的な意見も見られます。

  • 「内容が偏っている。」
  • 「アドラー心理学の解釈が間違っている。」
  • 「具体的なアドバイスが少ない。」

総合評価

口コミ評価を見ると、本書は多くの人から高い評価を得ていることがわかります。しかし、内容が偏っているという意見や、アドラー心理学の解釈が間違っているという意見もあります。

本書を検討している方へ

本書は、アドラー心理学に基づいた、人間関係と生き方のヒントが詰まった一冊です。多くの人から支持されているロングセラー書籍であるため、一度読んでみる価値はあります。

ただし、アドラー心理学の専門家の意見と異なる部分もあるため、鵜呑みにせず、ご自身の判断で読むことが重要です。

3. その他

本書は、会話形式で書かれているため、読みやすく、楽しみながら学ぶことができます。また、各章の最後に練習問題がついているので、学んだことをすぐに実践することができます。