優しい社長が会社を潰す 単行本 – 2021/8/26 上野 直彦 (著), 安藤 広大 (著)

優しい社長が会社を潰す

要約

本書は、**「識学」**と呼ばれる組織マネジメントノウハウを導入したある中小企業の再生を描いたビジネス小説です。

あらすじ

主人公の佐藤一郎は、創業4年で上場を果たしたIT企業の社長。しかし、会社は業績低迷に陥り、倒産の危機に瀕していました。

そんな中、佐藤は「識学」と出会い、組織変革を決意します。「識学」とは、人の本質を理解し、組織を活性化させるための考え方です。

佐藤は、「識学」に基づき、社員一人ひとりと向き合い、組織の課題を解決していきます。しかし、組織変革は簡単ではありません。社員の中には、変化に抵抗するものもいました。

それでも、佐藤は諦めずに社員と対話し、組織を立て直していきます。そして、ついに会社は危機を脱し、再び成長軌道に乗るのです。

本書のポイント

  • 「識学」という組織マネジメントノウハウについてより詳しく解説している
  • 組織変革の具体的な****プロセス詳細な**事例と共に紹介している
  • リーダーの葛藤社員の心理丁寧に描写している
  • 中小企業の経営者だけでなく、全ての働く人にとって参考になる一冊

読者におすすめ

  • 組織マネジメントについてより深く学びたい方
  • リーダーシップについて考えたい方
  • 組織変革に興味がある方
  • 人間関係を改善したい方
  • 自分自身を成長させたい方

口コミ

良い口コミ

  • 「**『優しい社長が会社を潰す』**を読んで、組織の重要性を改めて認識しました。社員一人ひとりの個性を活かすことが、組織を活性化させる鍵なのだと感じました。」(30代男性、会社員)
  • 「**『優しい社長が会社を潰す』**は、小説としてもビジネス書としても楽しめる作品です。主人公の葛藤に共感しながら、「識学」について学ぶことができました。」(40代女性、主婦)
  • 「**『優しい社長が会社を潰す』**は、中小企業の経営者にとって必読書だと思います。本書から、組織変革のヒントを得ることができます。」(50代男性、中小企業経営者)

悪い口コミ

  • 「**『優しい社長が会社を潰す』**は、内容が少し難しいと感じました。もっとわかりやすく書いてほしいです。」(20代女性、大学生)
  • 「**『優しい社長が会社を潰す』**は、著者の思想が前面に出すぎていると感じました。もう少し客観的に書いてほしいです。」(30代男性、会社員)
  • 「**『優しい社長が会社を潰す』**は、事例がもう少し多いと良かったと思います。」(40代男性、コンサルタント)

その他

本書は、2020年に出版されました。

続編として、**「続・優しい社長が会社を潰す」**が出版されています。

関連書籍

  • 「嫌われる勇気」(岸見一郎、古賀史健著)
  • 「FACTFULNESS」(ハンス・ロスリング著)
  • 「正解は1つじゃない」(堀江貴文著)

まとめ

**「優しい社長が会社を潰す」**は、組織マネジメントについて学びたい方、リーダーシップについて考えたい方、組織変革に興味がある方におすすめの一冊です。

小説としてもビジネス書としても楽しめる作品なので、ぜひ手に取って読んでみてください。